気分が悪いときに気持ちを切り替える方法

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

気分 悪いとき 気持ち 切り替える方法「気分」とは、捉えどころがなくコントロールが難しいものと思いがち。
私たちの気分は、1日の中でも高くなったり低くなったりと変化の激しいものですよね。

気分が良い日もあれば、気分が悪い日もあります。
「自分のその日の気分」で楽しい日、最悪な日と判断してしまうことはありませんか?
できることならば、毎日気分よく過ごしたいですよね?

実は、私たちの気分は自分の思い通りにコントロールすることができるんです!
気分が悪いとき、自分の思い通りに気分を切り替えることができたら、最高じゃないですか?
ということで、この記事では、気分が悪いときに気持ちを切り替える方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

気分とは

「気分」を自分の思い通りにコントロールできるようになるためには、「気分」のことをよく知る必要があります。
では、一体気分とは、何なのでしょう?

気分とは≪その1≫:様々なものから影響を受ける!

「気分」とは、『ある間続く感情の状態のこと』をあらわします。
そして一般的に、「気分」とは、

  • ストレス
  • 思考

の影響を受けると考えられています。
つまり、悪い出来事があれば、その影響を受けて不機嫌になる。
良い出来事があれば、その影響を受けて良い気分になる。

しかし、「気分」は、そんな単純なものではありません。
ストレスや思考以外にも、

  • 睡眠時間
  • 健康状態
  • 体調
  • 運動
  • 食べ物

なども気分の影響を与えると考えられているんです!
つまり、「気分」とは、様々なものから影響を受けているんです!

気分とは≪その2≫:原因は、エネルギーと緊張!

気分に影響を与えるものは、分かりましたよね。
では、気分の原因は一体なんなの?

気分の原因は、2つです。

  • エネルギー
  • 緊張

エネルギーが低下し、緊張が高まっているときは、気分は悪くなります。
逆に、エネルギーが高まっていて、緊張が緩んでいるときは、気分が良くなるんです。

※エネルギーとは、元気なこと・気力がみなぎっていること。
※緊張とは、心が引き締まっていること。

緊張状態で、元気がないときというのは、イライラしがちになりますよね。
逆に、元気で緊張が緩んでいるとき(リラックスしているとき)は、気分が良いでしょう?

気分とは≪その3≫:気分にはリズムがある!

「気分」とは、ある程度1日の中に「気分のリズム」というものが存在しています。
では、気分のリズムとは、どんなものなのでしょう?

気分のリズムは、

  • 朝:気分が高くなりやすい
  • 夜:気分が落ち込みやすい

と言われているんです!
そして、もっとも気分が落込みやすいのは、午前三時

気分が落ち込むと、ネガティブなことを考えやすくなります。
悩みについても、実際の問題よりも大きな問題と捉えてしまいがちになるのです。

午前三時は、普通の人であれば寝ている時間。
そんなときに、自分が今抱えている問題について考えても良い解決法は思い浮かばないでしょうね。

逆に、朝方は気分が高まりやすいです。
なので、悩みを考えるのにうってつけなんです!

しかし、人によっては、朝から徐々に気分が高まる人もいるので、一概には言えません。
大切なことは、自分の「気分のリズム」を知り、一体何時であればエネルギーが高いのかを知ること。

自分の「気分のリズム」を知ることが出来れば、悩みに対してもっとポジティブに捉えることが出来るかもしれませんね。

気分が悪いときに気持ちを切り替える方法

では、早速本題に入っていきましょう。

気分が悪いときは、エネルギーが低下し、緊張が高まっています。
気分が良いときは、エネルギーが高まり、緊張が緩んでいます。

つまり、気分が悪いとき、気持ちを切り替えるためには、エネルギーを高め、緊張を緩めることが必要です。
そのための具体的な方法を紹介していきましょう!

人によって、エネルギーを高め、緊張が緩む方法は違うと思います。
なので、実際に、自分で実行してみて自分に合う方法を見つけましょう!

気分が悪いときに気持ちを切り替える方法≪その1≫外交的な人は、会話!

外交的な人は、人と会話をすることでエネルギーが高まり緊張が緩むことがあります。
ストレス発散をするときも、外交的な人は人と会話をする傾向にあるんです。

人と会話をすることで、やる気が満ち溢れ、リラックスできると考えている人に効果的な方法です。

気分が悪いときに気持ちを切り替える方法≪その2≫:内向的な人は、人を避けよう!

内向的な人は、人と話すことでエネルギーが低下し、緊張が高まる場合があります。
内向的な人は、人と接することでストレスを感じてしまうんです。
なので、内向的な性格の人は、人と接することを避けること!

人と接することを避けて、一人でゆっくりする時間をとることが良いでしょう!
内向的な人は、一人でいるときのほうがエネルギーが高まり緊張が緩む傾向があるのです!

気分が悪いときに気持ちを切り替える方法≪その3≫:物事をポジティブに!

気分が悪いときは、ネガティブ思考になりやすいです。
エネルギーが低下して緊張が高まっているときに、ネガティブ思考だとますます悪化。

そういったときは、意図的にポジティブに考えることで、気分が少し回復することがあります。
ポジティブに考えることでエネルギーを高め緊張を緩められるんです。

気分が悪いときに気持ちを切り替える方法≪その4≫:楽しいことをする!

自分が楽しいことをしているときは、エネルギーが高まり、緊張が緩んでいます。
なので、気分が悪いときは楽しいことをしてみましょう!

たとえば、

  • 買い物
  • 趣味
  • 美味しいものを食べる
  • お笑い番組を見る
  • 映画を見る、など

自分がずっと欲しかったものを買いに行こうと思うだけでも、気分がワクワクしてきませんか?
楽しいことをすることは、簡単にエネルギーを高め緊張を緩めてくれるんです!
「あなたが楽しい!」と思うことはなんですか?

気分が悪いときに気持ちを切り替える方法≪その5≫:運動!

実は、気分が悪いときに気持ちを切り替える方法で一番良いのが、運動なんです!
また、運動はすぐに気持ちを切り替えることができる上に、持続率が一番高いんです!

本格的な運動をすると、効果は抜群!
しかし、運動が苦手な人もいますよね。

そんな運動が苦手な人にもできることがあります。
それは、15分ほど、早歩きで歩くだけ

これだけで、気分が悪い気持ちを切り替えることができます。
そして、その効果は2時間も続くと言われているんです!

仕事をしているときに、ちょっと早歩きで歩いてみるだけで気分を変えられてしまうんですよ!
これは、とっても簡単ですし、今すぐにでも出来ますよね。

気分をよくすることが、幸せにつながる!

最後に、気分と幸せの関係についてお話をしましょう!
実は、「気分をよくすることが、幸せにつながる」と言われているんです!

なぜ気分をよくすることが、幸せにつながるのか?
なぜなら、人間は誰でも「気分」というフィルターを通して現実を見ているからです。

気分が良ければ、悪いことがあっても、何とか乗り越えることが出来ますよね。
気分が良ければ、どんな出来事でも良いことに思えることがあるんです!

しかし、気分が悪ければ、どんなに良いことがあっても、悪いこととして捉えてしまいます。
物事には良い面と悪い面が必ずあり、そのどちらの面を見るかはその人の性格にもよります。
しかし、十分に「気分」の影響を受けていることが多いんです!

良い出来事か悪い出来事かを決めるのは、自分自身です。
自分の気分が良ければ、悪いことでも前向きに捉えることが出来ます。
悪い出来事も前向きに捉えることができれば、その人にとって悪い出来事はなくなります。
つまり、ずっと幸せに生きていけるのです!

気分とは、それほどまでに私たちの人生を幸せにするか、そうでなくするかというものを決定づけているんです!

最後に

いかがでしたか?
エネルギーを高め、緊張を緩めることが、自分の気分を良くすることだと知ることができました。
もし気分が悪くなっても、エネルギーを高め緊張を緩めることをすればいいだけ。

そうやって自分の気分をコントロールできるようになることで、毎日機嫌よく過ごすことができます。
コントロールすることは、難しいです。

しかし、出来ないことではありません。
自分の「気分」に振り回されず、「気分」を自分でコントロールすることでよりよい人生を歩んでいけるでしょう。

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です