グアムの入国審査で役に立った英語

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

グアム 入国審査 役に立った英語海外旅行に行くときは、必ず入国審査を受けなければなりません。
入国審査に引っかからないか」と、不安に思っている人は多いです。

英語を話せない人は、尚更。
しかし、入国審査で聞かれる質問を、前もって準備しておくことで、その不安をなくすことが出来るんです!

ということで、この記事では、グアムの入国審査で役に立った英をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

入国審査は、もう怖くない!

入国審査を怖いと感じている人は、多いでしょう。
私も、初めての海外旅行ではそうでしたから。

しかし、今回のグアム旅行では、その恐怖心はありませんでした。
(ちなみにグアム旅行が2回目の海外旅行でした)

なぜ、以前あった恐怖心がなくなったのか。
それは、グアム旅行に行く前に、入国審査で聞かれる質問に対して、英語で答えられるように前もって準備して行ったからでした。

実は、入国審査では、聞かれる質問がある程度予想できるんです!
よって、事前に準備がしやすいんです。

事前に聞かれることが分かっていれば、何も怖がることはありませんよね。
入国審査は、国によって少しずつ違います。

なので、入国審査の状況をリアルにイメージできるように、グアムの入国審査は、一体どんなものなのか予備知識を入れておきましょう!

グアムの入国審査ってどんなもの?

グアムの入国審査官って?

実は、グアムの入国審査官の方は、日本語が話せます
入国審査に並んでいて、呼ばれる際に、「次の方どうぞ!」と日本語で話していましたからね。

グアムの観光客は、日本人が一番多いからかもしれませんね。
なので、グアムの旅行であれば、正直全く英語を話せなくても、入国審査を無事に終えることができます!

入国審査の質問は、全て日本語だったという方もいるくらいですからね。
しかし、入国審査官によっては、英語で聞かれることももちろんあるので、準備していって損はないですよ。

入国審査は、一人ひとり?

グアムの入国審査では、基本的に一人ずつ審査を受けます。
しかし、家族で入国審査を受けても問題ないでしょう。

その場合は、代表者の方が質問に答える形になるでしょう。
ですが、入国審査官によっては、「別で」と言う方もいらっしゃいます。

その場での状況で臨機応変に対応しましょう。

私の場合は、一人ひとり入国審査を受けました。
私は、家族5人でグアムの旅行に行きましたが、全員成人していたので、一人ひとり受けましたよ!

英語での質問以外に、何かあるの?

また、グアムの入国審査では、

  • 指紋採取
  • 顔撮影

があります。
指紋採取、顔撮影をする場合は、日本語なりジェスチャーなりで分かるようにしてくれます。
なので、その通りにやっていれば大丈夫でしょう。

指紋採取は、たまにですが、上手く読み取れないときがあります。
その場合は、呼び止められることがあります。

なので、指紋採取の場合は、特にきっちりと読み取れるように指を置くようにしましょうね。

入国審査で聞かれる3つの質問

では、早速入国審査で聞かれる質問について話していきましょう!
入国審査で聞かれる質問は、基本的に3つだけです。

  • 何の目的で来たか?
  • どれぐらい滞在するか?
  • どこに泊まるのか?

この3つです。
では、さっそくこの3つの質問と答えを1つ1つ、紹介していきましょう。

入国審査で聞かれる質問≪その1≫:何の目的で来たか?

これは、英語で質問されると以下のようになります。
「What’s your purpose to be here?」

では、この質問に対してどう答えたらいいか。

  • 観光→sightseeing
  • 出張→business trip
  • 留学、勉強のため→to study

この3つに当てはまることを、答えていけばいいでしょう!

答え方は、

  • 「sightseeing」
  • 「business trip」
  • 「to study」

このように、単語だけの答えで十分です!

入国審査で聞かれる質問≪その2≫:どれぐらい滞在するか?

これは、英語で質問されると以下のようになります。
「How long are you going to stay here?」

では、この質問に対してどう答えたらいいか。

  • 5日間→for five days
  • 1週間→for one week

など期間を答える場合は、“for~”で答えておけばOKでしょう!
もちろん、 five daysやfour daysだけでも通じますので、これだけでも大丈夫です!

入国審査で聞かれる質問≪その3≫:どこに泊まるのか?

これは、英語で質問されると以下のようになります。
「Where are you staying?」

では、この質問に対してどう答えたらいいか。

  • ウェスティンホテル→At Westin hotel
    ※ホテルであれば、「At 〇〇 hotel」という形で答えます。
  • 友達の家→At my friend’s house

どこに泊まるかという場所を尋ねている場合は、“At~”で答えたら良いでしょう。
もちろん、これもWestin hotelやmy friend’s houseだけでも通じます。

ちなみに私は、グアムの入国審査では、2つ目の「How long are you going to stay here?」という質問をされました。
前もって準備をしていたおかげで、ちゃんと聞き取って英語で答えることができましたよ!

以上で、入国審査で聞かれる質問の紹介は終わります。
しかし、この文章を読んだだけでは、ネイティブの英語を聞き取れません。

また、自分の口で発音練習をしないと、質問が聞き取れたとしても、咄嗟のことで何も答えられなかったという事態にもなりかねません。
なので、自分の口で発音練習をしておきましょう。

そこで、オススメなのが、Youtube!
私は、Youtubeで発音練習&リスニングの練習をしました。
とっても役に立ったものを、2つ載せておきますね♪

*バイリンガール英会話:「入国審査で使う英語」

*レイニー先生の英会話:「immigrationでの会話」

最後に

事前に準備をしていけば、入国審査を怖がる必要はありません!
入国審査官の方も、わざと私たちをはめようと思っているわけではありません。

なので、堂々とフレンドリーに接していれば大丈夫です!
楽しい海外旅行を過ごすためにも、入国審査での不安は取り除いておきましょうね!

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です