人見知りを克服|会話が途切れたときに使える話のネタと探す方法

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

人見知り 克服 会話 途切れたとき 使える話 ネタ 探す方法人見知りの人は、もともと話をすることが苦手です。
人と接することにストレスを感じてしまうときもあるでしょう。

しかし、人見知りであっても人と話す機会は必ずありますよね。
そんなとき、話すことがなくて会話がすぐに途切れてしまうことはありませんか?

出来れば、相手と気まずくならないように会話を続けたいですよね。
ということで、この記事では、会話が途切れたときに使える話のネタと話のネタを探す方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

会話を続ける!話のネタを探すたった一つの方法

  • 「人と話していても、すぐに話が途切れてしまう」
  • 「話を続けることができない」
  • 「すぐに会話が終了してしまう」

などと会話をしているとこのようなことで悩んでしまうことがあります。

人見知りの人であれば、特にそう感じることが多いのではないでしょうか?
話すネタを必死で探していても、

  • 「何を話したらいいか分からない」
  • 「話すことがない」

と頭を抱え込んでしまうときもあります。

しかし、話のネタは必死に考えなくても、たった一つのことを心掛けることで、ネタを探すことが出来るんです!

それは、「連想」をしていくことです。
連想とは、ひとつの考えに伴って、それとの関連で思い浮かぶことです。

つまり、話が思い浮かばないとき、会話が途切れてしまう前に話していた話をテーマにして、連想をしていきます。

たとえば、「最近流行っている食べ物」について話していたのなら、「最近流行っている食べ物」から連想することを考えます。

  • 自分が最近はまっている食べ物
  • 最近行った美味しい店
  • 最近流行っているレストラン
  • 一度行ってみたいと思っているお店
  • 最近流行っているファッション

など「最近流行っている食べ物」から連想して思いついたことであれば何でもいいです。
このように連想しながら話していると、先ほど話していた話から話を少しずつ広げていく感覚になると思います。

「そういえば、最近流行っている食べ物で思い出したんだけど、〇〇っていうお店すっごく美味しいピザがあるらしいよ」などと言って話を膨らませてみましょう!
上手く話が弾めば、今度一緒に行ってみよう!ということになるかもしれません。

また、連想して思いついたことを相手に聞いてみるのもいいでしょう。
連想しても「最近行った美味しい店」がなければ、話をすることができません。

そういった場合は、「最近行った美味しい店ってある?」と聞いてみましょう。
自分の話ばかりするよりも、適度に相手に質問を投げかけることでお互い気持ちの良い会話をすることができます。

また、「最近行った美味しい店ってある?」と聞いて、「ない」という答えだったとしても、
連想で思いついたことをネタに、「最近流行っているレストランがあるんだけど、行ってみない?」と誘ってもいいでしょうし、この会話が続かないのであれば、また連想をし直して、別の話題を話してもいいでしょう。

このように、「連想」することで、話のネタを探すことができます。
最初は、話しながら「連想」をすることは難しいかもしれませんが、慣れてくると自然と話を広げることが出来ると思います。
会話が途切れて話すネタがなくなったときに、やってみてくださいね。

こちらの「人生をもっと自由にするブログ」でも会話のネタを探す方法を紹介していますよ♪
「なるほど!」という内容です☆

会話を続ける!ボキャブラリーを増やすための方法!

人見知り 克服 会話 途切れたとき 使える話 ネタ 探す方法会話を続けるためには、ボキャブラリーを増やすことも大切になってきます。
ボキャブラリーを増やすことで、相手との会話をより盛り上げることができるのです!

「相手に話を振ったのはいいけれど、上手く返事をすることが出来ない」と悩んだことはありませんか?
人見知りの人であれば、「相手の話について、なんてコメントを言ったらいいか分からない」と返事に困ったことが少なからずあると思います。

そんなときに、毎回同じような返事の仕方では、相手が「つまらない」と感じてしまうかもしれません。

たとえば、相手が最近あった出来事を話しているとします。
そんな時、

  • 「そうなんだ、大変だね」
  • 「面白そうだね」
  • 「楽しそうだね」

だけでは、いずれ会話は途切れてしまいます

そういったことを避けるためにもボキャブラリーを増やすことは大事なのです。
では、早速ボキャブラリーを増やすための方法をお伝えしたいと思います。

ボキャブラリーを増やすための方法(1):インプット

ボキャブラリーを増やすためには、まずはボキャブラリーをインプットすること。
インプットの方法は、どんな方法でもいいと思います。

  • 漫画
  • 雑誌
  • 新聞
  • ネットの記事

などを読むことでインプットすることができます。
自分のやりやすい方法でやっていくといいでしょう!

また、読むことがめんどくさいと感じる方なら、

  • ニュースを見る
  • 人と話す

などでもいいでしょう!

私の経験上ですが、語彙力がある人と話すと本を読むよりも速いスピードでボキャブラリーが増えていきます
同年代よりも年上の人と話すといいです。

同年代は、自分と同じような語彙力しか持っていないことが多いので、あまり増えません。
しかし、年上の人と話すと知らない言葉がどんどんと出てきますので、とても勉強になります。

私の場合は、特に必死に勉強しなくても年上の人と一定期間話し続けていたら、勝手に語彙力がアップしていました!(あくまで私の意見ですが・・・)

人の話している言葉が、たまにうつることがありますよね。
関西人が東京に上京すると、標準語を話すようになるといったような。
そういった感覚で、語彙力がアップしたのだと考えられます。

ボキャブラリーを増やすための方法(2):アウトプット

ボキャブラリーのインプットが終わったら、次はアウトプットです。
インプットだけでは、せっかく覚えたボキャブラリーも、忘れてしまうことが多いです。

アウトプットをすることで、言葉を自分のものにすることが出来ます。
インプットしたことを、会話で使ってみてもいいでしょう。

また、最近は、SNSがありますから、SNSでつぶやいてみてもいいでしょう!
SNSでつぶやく時は、いつもは「楽しかった!」と一言で済ましていたものを他の言葉を使って「楽しかった!」を伝えるという練習をしてみるといいです。
そうすることで、表現の幅を広げることが出来ます。

ブログを運営している方なら、ブログでアウトプットしてみてもいいと思います。
アウトプットの仕方は色々ありますから、自分のやりやすいやり方でやっていきましょうね!

こうやってインプットとアウトプットを繰り返すことで、飛躍的に自分の中のボキャブラリーを増やすことが出来るのです!

話のネタ

人見知り 克服 会話 途切れたとき 使える話 ネタ 探す方法会話をするときは、「何から話し始めたらいいの?」という場面にも遭遇しますよね。
そういったときは、「連想」しながら話を広げることは出来ませんので、ある程度話すネタを持っておいてもいいと思います。

ここでは、話のネタを紹介していきたいと思います。

  • 休日の出来事
  • 天気・季節
  • 好きな本・漫画
  • 好きな音楽
  • 趣味
  • 最近はまっていること
  • 最近行った場所
  • 恋の話
  • ファッションの話
  • ニュース
  • 勉強していること
  • 仕事の話
  • 子供の話
  • 将来のこと
  • ドラマの話
  • スマホのアプリの話

これらのことを相手に質問してみることで会話を始めることができます。

  • 「休日何してるの?」
  • 「最近仕事どう?」
  • 「趣味はなんですか?」
  • 「最近はまっていることってあるの?」

といったように質問をしてみましょう。

話し始めは、自分のことを話すよりも相手に質問をするといいですよ♪
相手が緊張している場合は、質問をすることによって緊張が解ける場合がありますので。

まとめ

いかがでしたか?
話を途切れさせないためには、この3つが大事です。

  • 話のネタを探す方法は、「連想」をすること
  • ボキャブラリーを増やす方法は、インプットとアウトプット
  • 話し始めるときは、相手に質問をする

色々話しましたが、話というものは、多少途切れるものです。
そして少しの沈黙は、ちょっと会話を休憩するためのものでもあります。

ずっと話をすると疲れる人もいます。
なので、多少話が途切れてもあまり気にしないで、楽しく会話をするように心掛けていけるといいですね。

他にも読まれている記事
>>話すことがない!会話が苦手な人が話上手になるためのたった1つのこと!
>>苦手な人との付き合い方!克服方法!

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です