NEWS ZEROで特集されたSNS疲れ|SNS疲れの原因ランキングと対処法(1)

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

NEWS ZERO 特集 SNS疲れ SNS疲れ 原因ランキング対処法「Twitterでのリア充発言、Facebookでのリア充投稿に嫉妬する」
「LINEのグループがめんどくさい」
「自分の投稿に対しての友達の反応が気になってしまう」
など、最近ではSNS疲れが問題になっています。

NEWS ZEROをはじめ、様々なニュース番組でもSNS疲れについての特集を組んで、放送されているのを見かけるようになりました。
SNS疲れになった人で、思い切ってSNSを全部やめたという声も、ちらほら聞くようになりました。

でも、実際SNSをやめたくても、やめられない状況の人はまだ沢山います。
ということで、この記事では、SNS疲れの原因ランキングと対処法について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

NEWS ZEROでも特集されたSNS疲れとは?

NEWS ZERO 特集 SNS疲れ SNS疲れ 原因ランキング対処法SNS疲れとは、ソーシャルネットワーキングサービス(Twitter、Facebook、LINEなどのSNS)やメッセンジャーアプリなどのコミュニケーションによる気疲れのことを言います。
また、

  • 精神的・身体的疲労
  • 自分が発言したことへの過剰反応
  • 友人の発言の返答の義務感

などが主にSNS疲れと言われています。
最初は、

  • 友達と気軽にコミュニケーションが取れる
  • TwitterやFacebookでのSNS投稿で、「いいね!」されることへの満足感

などで楽しくSNSを利用していた人もいるでしょう。
しかし、最近では

  • SNSでの友達のリア充投稿に嫉妬する
  • 自分と友達を比べてしまう
  • 「いいね!」されないと、友達に嫌われているんじゃないかと不安になる
  • 友達の投稿に対して、「いいね!」やコメントをしなければならない義務感がある

というようにSNSによって、精神が疲れてしまう人が出てきているんです。
常にSNSで人と繋がっているため、人との適度な距離が保てず、精神的に疲れてしまう若者が多くいるんです。

SNS疲れの原因になっているランキングとSNSの症状

NEWS ZERO 特集 SNS疲れ SNS疲れ 原因ランキング対処法では、SNS疲れの原因となる行動は一体どういうものなのでしょう?
gooランキングでの「ソーシャル疲れの原因になっていると思うことランキング」を紹介させていただきます。
1位毎日Twitterにベッタリ張り付きでみている
2位 各SNSとTwitterを連携している
3位 毎日フォロワー数をチェックしている
4位 「いいね!」をつけてほしくて投稿ばかりしている
5位 ソーシャルゲームのお誘いが頻繁にくる
6位 ネガティブツイートばかり目に入る
7位 自分の友達の数が可視化される
8位 他人がTwitterで爆弾発言をしてたたかれているのが目に入る
9位会社の付き合いで嫌々友達リクエストを承認している
10位 ネガティブツイートばかりしている
11位 「知り合いかも?」リストをみて友達リクエストを申請している
12位 友達のドヤ顔アイコンが目に入る
13位 自分が誘われていない飲み会の存在をSNSで知る
14位 発言によって公開範囲を設定してつぶやいている
15位 ふぁぼられているかを細かくチェックしている
いかがですか?
「私最近SNS疲れかも・・・」という人は、このランキングに当てはまっているものがあるかもしれませんね。このランキングに多く当てはまる人は、「私はSNS疲れしていない!」と思っていても、少し注意しておいたほうがいいかもしれませんね。

では、SNS疲れの具体的な症状とは?

  • 〇〇ちゃんは、他の友達には「いいね!」を押しているのに、私には押してくれない
  • フォローしている友達の投稿を見て、自分と比較して嫉妬してしまう
  • 友達のフォローを外したいけど、波風が立つのが嫌
  • 人からどう思われているのかが気になる
  • 大勢の友達と遊んでいる写真を見て、劣等感に苛まれる
  • 私と遊んだときは、Facebookに投稿しないのに他の友達と遊んだときは投稿することに嫌われたのかなと不安に思ってしまう

などSNSに振り回されたり悩まされたりすることです。

個人的な話になりますが、私も一時期SNS疲れの症状がありました。
友達のキラキラと充実した投稿を見て、

  • 「自分はなんてつまらない毎日を送っているのだろう」
  • 「みんなはこんなに凄いのに、私は全然頑張れていない」

など、他人と自分を比較しては落ち込み、自分を責めて疲れていた時期がありました。

みんながSNSを使っているからという理由で、SNSを始めた最初は楽しかったのですが、次第に友達のリア充な投稿が気になり、SNSで友達の投稿を見ては落ち込んで、見ては落ち込んでを繰り返していていた時期があったんです。

この記事を読んでいる方もそんな風に、SNSで友達の投稿を見るたびに落ち込んでしまうといったことを体験したことがあるのではないでしょうか?

SNS疲れの対処法

NEWS ZERO 特集 SNS疲れ SNS疲れ 原因ランキング対処法SNS疲れを解決するための1番の方法は、
  • SNSをやめてみること
  • SNSを見ないこと
  • SNSの時間を減らしてみること

です。

しかし、SNSをやめたくても、SNSをやめられない事情がある人もいるでしょう。
なので、今回はSNS疲れの対処法として、SNSと上手く付き合っていく方法もお話に含めながら話をしていきたいと思います。

SNS疲れの対処法(その1):SNSを使用する目的を明確にする

TwitterやFacebookなどのSNSって、暇つぶしの時や特に目的がないときでもなんとなくチラッと覗いてしまいますよね。

SNSは、気軽に見れてしまう分、頻繁にチェックをしてしまいがちになります。
SNS疲れから回復するためには、SNSを見る時間を減らすことが一番の対処法です!

なので、SNSを見る時間を減らすために、SNSを使用する目的を明確にすることが大事になります。

  • 仕事のため
  • 就活での情報収集のため
  • 美容情報をゲットするため
  • ファッションの情報をゲットするため
  • 最新情報をゲットするため
  • 本当に仲がいい友達と交流するため

といったようにSNSを使用する目的を明確にさせることで、暇つぶしの時や特に目的がないときの使用を防ぐことができます。

SNS疲れの対処法(その2):毎日を充実させる

SNS疲れの原因で多くを占めているのが、自分と他人を比較することで感じてしまう劣等感
また、友達のキラキラと充実した投稿を見たり、自分が誘われていない集まりの写真が投稿されていたりすると、嫉妬してしまうこともあります。

自分と他人を比較することが癖になっている人は、SNSで友達の充実した投稿を見るとどうしても嫉妬してしまいます。

嫉妬や比較をしないためには、SNSを見ないことが一番です。
しかし、SNSを就活の情報収集に使っていたり、何かの目的があってSNSを使っていると見ないということがなかなかできません。

なので、そういう時は毎日を充実させることを心掛けてみましょう!
友達の投稿に嫉妬や比較をしてしまうのは、自分の毎日が充実できていないからです。

毎日がつまらない、辛いと思っているとますます友達の投稿に嫉妬してしまいます。
SNSを見て嫉妬や比較をして落ち込んでいるなら、自分の毎日を充実させようと心掛けてみてはいかがでしょうか?

※長くなってしまいますので、次回の記事にSNS疲れの対処法の続きを書かせていただいています!

まとめ

いかがでしたか?
SNS疲れは、SNSをやめてみることが一番の対処法です。
しかし、SNSをやめられない事情がある人もたくさんいるでしょう。

今回は、SNS疲れの対処法を2つ紹介させていただきました。
今回紹介した2つの方法は、SNSをやめないで上手く付き合っていくための対処法でもあります。

実践してみようかな?と思う方はぜひ参考にしてみてくださいね!
SNS疲れの対処法の続きは、こちら(NEWS ZEROで特集されたSNS疲れ|SNS疲れの対処法とやめて良くなること(2))の次の記事で紹介しています☆

他のSNS疲れの記事はこちら☆
>>SNS疲れーSNSの人間関係!悩みの解決方法!
>>NEWS ZEROで特集されたSNS疲れ|SNS疲れの対処法とやめて良くなること(2)

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です