人との距離感が取れない人!適切な取り方と身につけている人の考え方

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

人との距離感が取れない人 適切 取り方 身につけている人 考え方人との距離感が取れない!」
人との距離感が分からない多くの人は、相手との距離を縮めすぎて引かれた、又は拒否された経験があるのではないでしょうか?

一度拒否された経験があると、人との適切な距離感というものが急に分からなくなります。

しかし、今は人との距離感が取れなくても、ちゃんと距離感について学びなおせば、人との適切な距離感が取れるようになります。

ということで、この記事では、人との距離感が取れない人に適切な取り方と身につけている人の考え方を紹介してきたいと思います。

スポンサーリンク

人との「距離感」とは?

世の中には、人との距離感取り方が上手い人下手な人がいます。
人との距離感の取り方が上手い人は、基本的により良い人間関係を築くのが上手です。

人とより良い人間関係を築いていくためには、人との適切な距離感の取り方を知ることは必須項目でもあります。

では、人との距離感の取り方が上手い人は、もともと距離感を取ることが上手だったのでしょうか?

そもそも私達は、いつどこで人との距離感というものを学ぶのでしょう?

人との距離感を心理学の観点から

人との距離感が取れない人 適切 取り方 身につけている人 考え方心理学では、

どうも私たちは幼少期の親子関係(特に母親との関係)で他人との距離感を決めてしまうようです。

http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/9245より引用

と考えられています。
親との関係によって、人との距離感の取り方に上手い・下手といった差が出てきてしまうのです。

ですが、人との距離感の取り方は、また新しく学べば直すことができるものです。
今人との距離感の取り方が下手な人は、人との適切な距離感の取り方を学ぶことで上手くなっていくのです。

人との距離感が取れない!下手な人&上手い人の違いは?

人との適切な距離感の取り方を身につけるためには、

  • 人との距離感が下手な人の特徴を知ること
  • 人との距離感を身につけている人の考え方を知ること

この2つを知っておくことが大事です。

人との距離感が下手な人の4つの特徴とその原因

人との距離感が取れない人 適切 取り方 身につけている人 考え方

人との距離感が下手な人の4つの特徴

人との距離感が取れない下手な人は、基本的にこういう行動をしてしまう傾向にあります。

・ふとした瞬間に相手の領域に踏み込む(隕石タイプ)
・異様に遠い所から干渉する(衛星タイプ)
・自分の都合で近づいたり離れたり(彗星タイプ)
・常に近すぎて煩い(ハエタイプ)

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/1119/689800.htmより引用

この4つの中で当てはまるものはあるでしょうか?

では、人との距離感が下手な人の原因とは?

一概には言えないところがありますが、人との適切な距離感が取れない人は、ほとんどの場合

  • 近いか
  • 遠いか

の2つしかない傾向にあります。
人間関係が、「近いか」「遠いか」の2つしかないのです。

極端に言えば、

  • 仲が良い=近い(連絡を毎日するべき)
  • 仲が悪い=遠い(一切話さない)

と言ったように、人との距離感が取れない人は、白か黒かという概念しかないような感じがします。
近くもなく遠くもなくといった中間の関係という概念がないのです。

しかし、人間関係は、この中間の関係性がほとんどです。
大人になれば、仲良くも仲悪くもないという人間関係が増えてきます。

つまり人間関係は、

  • 仲が良い
  • 仲が悪い

と言ったように、はっきり二つに分けられる関係ばかりではないのが普通なのです。
しかし、人との距離感が取れない人は、それが分かっていないことが多い。

だから、友達と仲良くなりたいときに、距離がすごく近づきすぎてしまう。
逆に、友達が自分とちょっと距離を取ってきたら、今まで仲良かったのにも関わらず、急に心を閉ざして距離を置きすぎてしまう。

人との距離を近くしても遠くしても人間関係が上手くいかないから、どうすればいいか分からず悩んでしまうのだと思います。

では、どうすれば人との距離を適切に保つことができるのでしょう?
人との距離感の取り方については、「人との適切な距離感を上手に身につけている人の考え方」を紹介してから、お話していきますね♪

人と適切な距離感を上手に身につけている人の考え方

人との距離感が取れない人 適切 取り方 身につけている人 考え方

人との適切な距離感を上手に身につけられている人は、

自分本位じゃなくて相手が心地良い距離感を保つこと

http://www.app-life.jp/2012/10/58138/より引用

に意識を置いて人と付きあうようにしています。
そもそも、人との距離は一気に詰まるものでもありません。

くっついたり離れたりしながら、だんだんと距離が詰まっていくものなんです。
でも、人との距離感が取れない人は、距離を一気に詰めようとしすぎてしまう。

だから、うっとしがられる。
人との適切な距離感を身につけられている人は、それが分かっているんです。

それが分かっているから、相手が心地良いと思っている距離感を尊重する。
仲良くなりたいからといって、一気に距離を詰めすぎない。

相手をよく見て、常に相手の距離感を尊重するから、結果好かれていき、より良い人間関係を築いていけるのです。

人間関係が上手くいく!人との距離感の取り方とは?

お待たせしました!
早速人との適切な距離感の取り方について紹介してきたいと思います。

その1:「近い」と「遠い」の間の関係を知ること

人との距離感が取れない人 適切 取り方 身につけている人 考え方人との適切な距離感が取れない人は、人間関係が「近いか」「遠いか」の2つしかないと先ほどお話しました。

その極端な考え方が、人との距離感が上手く取れない状況に陥るのだと感じます。
人との距離感が上手く取れない人は、まずは、「近いか」「遠いか」の間の関係があるということを知ることが大事です。

間の関係があるということは、人間関係は「仲が良い」「仲が悪い」の2つだけで言い表せるものばかりではないということを知ることです。

たとえば、趣味だけで繋がっている友達なら、友達の家族関係や昔の話などに踏み込まなくてもいいはずです。

共通の趣味についてお互いに話し、同じ時間を有意義に過ごすことができるなら、それだけでいいはずです。

しかし、人との距離感が取れない人は、それが分からずに友達の家族関係について根掘り葉掘り聞いたり、共通の趣味以外でも友達と繋がろうとして、一気に踏み込みすぎるから友達に拒否され、友達との距離感が分からなくなってしまうのです。

また、最近では毎日SNSで友達と連絡を取り合っている人がいますが、それも相手との距離感が分かってからこそできること。

相手との距離感がまだ分からないのに、頻繁にSNSで連絡を取り合おうとすれば、相手は戸惑うだけなのです。

その2:人とは、普通に接するのが一番!

人との距離感が取れない人 適切 取り方 身につけている人 考え方「人に嫌われたくない!」と思っている人は、極端に人に媚びたり気を使ったりします。
しかし、人間関係を良くしていくためには、誰であっても普通にしているのが一番

相手によって態度を変えたり、嫌われたくないからといって変に媚びたりすれば相手はあなたの不自然な対応に違和感を感じます

なんだか、感じの悪い人と思ったり、合わない人と思われたり・・・。
自分自身のためにも、普通にしているのが一番なんです。

私は、以前人に嫌われたくない気持ちから、変に友達に気を使ったり、媚びたりしていました。
意識してそうしていたわけでもないのですが、友達に気に入られたいと思えば思うほど、自分らしく振る舞うことができなかったんです。

その結果、私は本当に心を許すことができる友達を作ることができませんでした。
友達も私のことは対して興味もないようでした。

私は友達を遊びに誘っていたけれど、友達は誘ってくれない。
そんな空振りの状態ばかりが続きました。

しかし、ある時、友達なのだから変に媚びたり気を使うほうが相手は不信感を抱くのではないかと気付き、気を使ったりせず普通にしているのが一番かもと思い、その日からは人と関わるときはどんな人でも普通に接しています。

そうすると、自然と相手から寄ってきてくれるようになったのです。
そのときに、人間関係は変に繕ったりせず、自然体で普通に接することが一番なのだなと気付きました。

人に嫌われたくないなら、普通に接し、自分の中にもともとある少しの優しさを持って人と接することができれば、それだけでいいのです。

その3:相手との距離感を感じ取り、尊重する

人との距離感が取れない人 適切 取り方 身につけている人 考え方「人との適切な距離感を上手に身につけられている人の考え方」でもお伝えしたように、相手と仲良くなりたいなら、相手との距離感を感じ取り、相手が心地いいと感じる距離感を保つことが大事です。

相手が心地いいと感じる距離感を保つことは、相手を尊重することにも繋がります。
たとえば、毎日SNSで連絡を取り合うことが面倒だと感じている友達に対しては、毎日SNSで連絡を取り合わないということができます。

相手との距離感を感じ取り、相手を尊重することが、その人とずっと仲良くいられる秘訣なのです。

自分も相手も無理せず、楽に関係を続けていける間柄が一番いいのかもしれませんね。

また、下記のブログでは実際に、人との距離感について学んだ距離感の取り方のコツが書かれていますので、良かったら参考にしてみてくださいね♪

まとめ

いかがでしたか?
今、人との距離感が上手く取れなくても、ちゃんと学んでいけば人との適切な距離感の取り方が分かるようになります。

今回の記事でお話したことを参考にしながら、自分の心と改めて向き合ってみて、人との適切な距離感を徐々に身につけていってくださいね。

焦る必要はありませんから、自分が楽な距離感相手が楽な距離感を見極めながら、自分と相手との関係をすり寄せていってください♪

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメント

  1. お願いします より:

    広告が困ります。
    お願いですから表示をやめてください。

    • ゆず より:

      コメントをいただき、誠にありがとうございます。
      広告が困るということですね。

      まだまだ至らぬ点が多いので、大変申し訳ないのですが、
      よろしければ、もう少し状況を詳しく教えていただけますでしょうか?

      いつどういうときに、困るのか、詳しく教えていただけますと、利用者様が
      より快適にサイトを利用していただけるよう改善できるかと思います。

      再度コメントをしていただくことになりますので、大変申し訳ないのですが、
      どうぞご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です