上司が人と比べる!他人と比べたがりの心理と関わり方

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

上司 人と比べる 他人と比べたがり 心理 関わり方「〇〇さんなら、こんな仕事すぐに終わらせているよ」
「〇〇さんはすぐに出来たのに、なぜ君はできないんだ?」
など、上司から人と比べるようなことを言われた経験がある人もいるのではないでしょうか?

そんな上司の下で毎日働いているなんて、とても耐えられるものではありませんよね。
最初は、仕事にやる気を出していても人と比べられるようなことを言われれば、仕事のやる気もなくなってしまいます。

ストレスを抱えて、我慢しながら仕事に行く毎日を変えたいですよね。
ということで、この記事では、上司が他人と比べたがる心理上司との関わり方を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

上司が人と比べる!他人と比べたがりの心理とは

上司 人と比べる 他人と比べたがり 心理 関わり方仕事にやる気を出していても、上司に他人と比べるようなことを言われれば、やる気をなくしてしまうのは無理もないこと。

自分なりに精一杯仕事をやっていれば尚更。

  • どうして他人と比べるのか
  • 他人と比べる上司にどう関わったらいいか

と自分の精神がボロボロになりながら悩んでいる状況は、よくありません。

自分の精神を回復させるためにも、上司がどうして他人と比べるようなことを言うのかという心理をちょっと探っていきましょう。

上司が人と比べる心理(その1):モチベーションを高めるため

人と比べることで、部下のモチベーションが上がると思っている上司が多い。
人と比べるようなことを言うことで、部下の競争意識を高めようと考えているのでしょう。

学生の頃、学校側が学生の競争意識を高めようと、テストの成績に順位を付けて発表するなどしていたこともありましたよね。
あれと似たようなものだと考えていただければ、いいかと思います。

お互いにライバル意識を持って、競争意識を高めることで仕事の効率が上がると思っているのでしょう。

上司 人と比べる 他人と比べたがり 心理 関わり方
【出典:andeeworks.jp】

しかし、現実は人と比べられれば比べられるほど、モチベーションが下がる一方。
部下の仕事へのモチベーションを高めようと、人と比べたことを言ったのに、逆に部下のモチベーションを下げてしまっては本末転倒。

そのことをまだ分かっていない上司が部下のモチベーションを高めるために、つい人と比べるようなことを言ってしまうのです。

上司が人と比べる心理(その2):自分も言われてきたから

上司が若いとき、今のあなたと同じように上司に人と比べるようなことを言われてきたから、あなたに人と比べるようなことを言うのかもしれません。

「〇〇さんなら、こんな仕事すぐに終わらせているよ」などと、上司も上司から言われた経験があり、それでも自分は頑張って仕事をして、成長できたからあなたにも同じように・・・と思っている可能性は十分あります。

上司 人と比べる 他人と比べたがり 心理 関わり方
【出典:manuke.jp】

また、どうやって部下を育てたらいいか分からない上司も、中にはちらほらいるはず。
そういう時に、自分の上司がやっていた部下の育て方を真似るということは、結構やってしまうことではないでしょうか。

この2つの心理は、決して人と比べる上司に悪意などなく、部下に良かれと思って人と比べる上司の場合です。

人と比べる上司みんながみんな、悪意を持って人と比べるようなことを言っているわけではないことを知っておきましょうね。

もちろん中には、

  • 上司自身の調子が悪い
  • 部下に自分のストレスをただただ発散させているだけ
  • 部下が気に入らないから

などといった、悪意のある理由で人と比べるという上司も少なからずいるでしょうね。

上司が人と比べる!そんな上司との関わり方について

上司 人と比べる 他人と比べたがり 心理 関わり方では、何かに付けて人と比べる上司とは、どう接したらいいのでしょう?
自分の精神もボロボロで、「これ以上もう上司に人と比べるようなことを言われたくない!」という気持ちもあるでしょう。

そんな人と比べる上司との関わり方について紹介していきたいと思います。

その1:自分はどう上司と接していきたいか?

あなたは、これからどう上司と接していきたいですか?

  • 上司と仲良くなりたい!
  • 上司に自分の仕事を認められたい!
  • 上司には干渉しないでもらいたい!
  • 上司とはもう関わりたくない!
  • 上司に好かれたい!

など自分がこれから上司とどう接していきたいかによって、どういう関わり方をしていくのがいいか変わってくると思います。

まずは、自分が上司とどう接していきたいかを考えてみましょう!
自分が上司とどう接していきたいかをまず考えることで、どのように関わっていったらいいかが明確になりますよ。

「どう上司と接していきたいか」が決まったら参考にしたいサイト

上司に好かれたい!と思う方ならこちらのサイトを参考にしてみては♪
上司からの高感度を上げる方法が紹介されていますよ☆

さらに、上司に自分の仕事を認められたい!と思っているなら、こちらの記事をチェック♪
上司に好かれようとするのではなく、上司に自分の仕事を認められたい!という気持ちに少し変化を与えるだけで、上司との関係に何か変化があるかもしれませんよ?

上司とはもう関わりたくない!と思う方なら、こちらの記事はいかが?
上司と絶妙な距離の置き方について紹介されていますよ☆

その2:自分の存在全てが否定されているわけではない!

頻繁に、上司から人と比べられるようなことを言われれば、まるで自分の存在全てが否定されているように感じてしまいます。

しかし、そこは決して「自分の存在全てが否定されているわけではない!」ということを分かっておきましょう。

あなたの仕事の出来栄えについて指摘されたとしても、それは仕事のことを否定されたのであって、決してあなたという人間が否定されたのではありません。

また、そのように言われたとしても、あなたは決して価値のない人間ではありません
そこにいるだけで、価値のある人間です。

今まで価値のある人間だと言われなかったとしても、今も誰かに言われなくても、人間はみな平等に価値がある存在です。

それを分かっておきましょう。
そう思えなくても、心に留めておくだけでもいいですからね♪

また、理不尽な上司との接し方については、こちらを参考にしてみて♪
理不尽な上司に対する自分の対応の仕方が載っていますよ♪

まとめ

いかがでしたか?
「〇〇さんはすぐに出来たのに、なぜ君はできないんだ?」などと、上司から人と比べるようなことを言われたら誰であっても心が傷つきます

頻繁に上司から人と比べるようなことを言われれば、心はボロボロ。
上司からの言葉にじっと耐えるのではなく、そんな上司とどう接していけば自分は心地よく仕事が出来るかを考えてみてくださいね♪

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です