英語の勉強本!人気の文法参考書&初心者から忘れない覚え方をしよう③

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

英語 勉強本 人気 文法参考書 初心者 忘れない覚え方前回は、5つの忘れない英語の覚え方&勉強法その1その2を紹介させていただきました。
今回は、前回の続きで、5つの忘れない英語の覚え方&勉強法のその3~5を紹介していきたいと思います。

前回の記事を読んでいない方は、こちらからどうぞ♪
また、英語の人気の文法参考書の記事については、こちらからどうぞ。

スポンサーリンク

初心者から試したい!5つの忘れない英語の覚え方&勉強法

では、早速前回の続きから5つの忘れない英語の覚え方&勉強法を紹介していきたいと思います♪

その3:インプットしたらアウトプットする

英語 勉強本 人気 文法参考書 初心者 忘れない覚え方あなたは、英語をインプットしたらアウトプットしていますか?

英語に限らず何にでも言えることですが、インプットしてからアウトプットをすることで、インプットした知識をうまく使いこなすことが出来るようになるんです。

また、自分自身の理解を深めるためにも、アウトプットはとても大事なんです!
英語を勉強していると、どうしてもインプットばかりになってしまいます。

日本の教育では、英語をアウトプットをさせるよりもインプットをさせることのほうが多い傾向にあります。

インプットすることもとても大事なことですが、大抵インプットすることばかりに意識がいって、アウトプットすることを疎かにしてしまうのです。

しかし、アウトプットをしなければ、英語を話せるようにはなりません。
英語の知識だけ詰め込んで、話せる気になっていても、いざ外国人を目の前にすると英語が出てこないなんてことはよくある話です。

英語の知識を頭に入れるインプットをしたら、絶対英語を話すというアウトプットをしないといくら頑張って英語の知識を入れたところで、英語を話せるようにはならないのです。

本当は、外国人と会話をすることがベスト!
ですが、なかなか外国人と会話する機会がない人もいますので、その方にオススメなのが、英語を声に出して言うこと。

例えば、

  • 一人で動画を使って英語の勉強をするのであれば、セリフを呟いていみる
  • 英語の問題を解くときは、英語を声に出して、呟きながら解いてみる

など、英語を声に出して言うことが大事なんです♪
簡単な文からでも良いので、英語を声に出して勉強してみましょう!

こうやって英語を声に出すことで、一人でもアウトップとすることができるのです!

その4:目標を設定する

英語 勉強本 人気 文法参考書 初心者 忘れない覚え方英語を今勉強していて、「英語を話せるようになりたい!」と思っている方は、目標を持っていますか?

  • 海外の友達を作りたいから
  • 英語を使って仕事がしたいから
  • 海外旅行に行ったときに、現地の人と交流したいから

など、明確な目標を持っていますか?

実は、明確な目標を持っている人のほうが、持っていない人よりも早く英語を話せるようになるんです。

それは、なぜか?
また英語を話せるようになるためには、どうして目標を持つことが大事なのか?

では、ここからは、この2つの疑問を解消していくための説明をしていきますね。

なぜ目標を持つことが大事なのか?

なぜ明確な目標を持っている人のほうが、持っていない人よりも早く英語を話せるようになるのか?

それは、目標を持った人の次の行動に秘密があります。
目標を持った人は、

  • その目標を達成するためには何が必要だろう?
  • その目標を達成するためにはどのようなことをすればいいだろう?

など、目標を達成するために目標から逆算して今やるべきことを考えるのです。
ここに、英語を話せる人と話せない人の大きな違いが表れてきます。

例えば・・・

例を出して説明してみましょう。
私には、「外国の人と交流することで、自分の考え・視野を広げ、それをブログを通して悩んでいる人たちに役立つ情報を伝えたい」という目標があります。

私はこの目標を達成するために、次のように考えました。
どうしたら外国の人と交流することが出来るのだろう?」と。

色々と外国の人と交流する方法はありますが、そのひとつに「英語を話せるようになること」も含まれていたのです。

そして、次に「外国の人と交流するための英語を身につけるためには、今何をやればいいのだろう?」と考えました。

  • 単語は、日常的に使われるものを覚える
  • 海外ドラマで日常的な会話を学ぶ
  • 相手の英語を聞き取れるようにリスニング力を高める

など外国の人と交流するための英語を身につけるために、今やるべきことを全てあげていきました。

そして、今やるべきことを全てあげていったものを行動に移せるようになるために、さらに具体的にしていきました。

このように自分が実際に行動できるところまで、具体的に今やるべきことを考えていくのです。

どうしてこのような作業が必要なのか?

それは、目標から逆算して今やるべきことを考えることで、効率的に英語を話せるようになる計画を立てられるのです。

目標を持つことではじめて、目標を達成するために今やるべきことが明確になるので、まず最初に目標を持つことが大事だと言われているのです。

そして、目標を達成してる人は、目標を達成するためにやるべきことを、確実に進めているから無駄がなく英語の勉強を進めることが出来るのです。

結果、回り道することなく英語を話せるようになれるのですよ♪

その5:英語を楽しむ♪

英語 勉強本 人気 文法参考書 初心者 忘れない覚え方英語を勉強する上で、一番大事なのは「楽しむ」こと。
英語を楽しいと感じることです。

楽しいことというのは、無理をしなくても続けていけます。
また、楽しくなると英語を勉強する効率も上がります。

英語を話すことが楽しいと思えれば、「もっと話したい」と思い積極的に英語を話す場に自分を置くようになるでしょう。

そうなれば、どんどんと自分の英語のレベルはアップしていきます。
今まで英語の忘れない覚え方&勉強法を紹介してきましたが、一番初めに知ってほしいのは英語を楽しむことです。

例えば、

  • 英語の映画を見る
  • 英語の音楽を聴く
  • 英語の本を読む
  • 英語で人と会話する

など何でもいいです。
まずは、自分が楽しいと思えるものを見つけるために、色々と試してみましょう!

楽しく英語を学べる何かを始めに見つけておくと、その後英語を勉強するときに自分の好奇心を使って楽しく効率的に英語が学べるようになるのです。

まとめ

いかがでしたか?
英語の勉強本!人気の文法参考書&初心者から忘れない覚え方をしよう」のテーマでは、3回にわたっての紹介となりました。

あなたの目標を達成するためにも、英語を効率的に楽しく学んでいきましょうね♪

また、英語を簡単に忘れない英語の人気の文法参考書も合わせてチェック♪
英語の単語が簡単に忘れないオススメの単語帳も紹介していますよ☆

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です