瞑想のやり方の本!実際に試してみた誰でも簡単に出来る方法

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

瞑想 やり方 本 実際 試してみた誰 簡単 出来る方法近年、「ストレス解消やリラックスのために瞑想をやりたい!」と思っている人が増えてきていますね。

しかし、瞑想をやりたいけれど、どの本も難しくて出来ない。
簡単そうに見えて、どうやってやったらいいかイマイチやり方が分からないですよね。

そんな方のために、今回は誰でも簡単に出来る瞑想のやり方と瞑想のやり方の本の紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

誰でも簡単に出来る瞑想のやり方の本!

最近は、以前よりも書店で瞑想本を沢山見かけるようになりましたよね。
しかし、いざ瞑想本を開いてみると、とても難しそうなものばかり。

瞑想をやりたいけれど、

「どうやってやるの?」
「誰でも簡単に出来る瞑想本はないの?」

と思っている方は沢山いらっしゃるでしょう。

私も以前、簡単そうな瞑想本を買って、一冊ちゃんと最後まで読みましたが、結局出来ませんでした…。

しかし、誰でも簡単に出来る瞑想のやり方の本をついに見つけたんです!
それが、これです!!

あれ?瞑想本じゃないの?
そんな声が聞こえてきそうですね~。

ええ、実際にこの本は瞑想本ではありません。
しかし、この本の中には、瞑想のやり方がバッチリと書いてあるのです!!

それがとてもシンプルで分かりやすいんです!
しかも瞑想する時間は、たったの5分でOK♪

これなら、毎日でも続けられますよね。
実際私は「スタンフォードの自分を変える教室」を読んでから、毎日5分の瞑想を続けられています!

さて、ここからは実際にその瞑想のやり方を紹介していきますね~!

瞑想のやり方

では、実際に瞑想のやり方を紹介していきますね!

①胡坐をかいて、目を閉じる

背筋を伸ばします。
無理にピンッと伸ばさず、自然に無理のない程度に背筋を伸ばしましょう。

瞑想 やり方 本 実際 試してみた誰 簡単 出来る方法
【引用元:http://healthil.jp/21466】

両手は、膝の上に置きます。
上向きでも、下向きでもどちらでもいいです。

自分が楽な姿勢でいられる向きでOKです!

②呼吸に意識を向ける

目を閉じたら、呼吸に意識を向けましょう。
呼吸は、出来れば鼻呼吸のほうがいいです。

鼻がつまっていなければ、鼻呼吸で瞑想をしてみましょう!
鼻からゆっくり吸って、鼻からゆっくり吐いていきます。

瞑想 やり方 本 実際 試してみた誰 簡単 出来る方法

さて!
ここで、「気が散っちゃって全然瞑想に集中できない!」という人に、ちょっとしたコツをお伝えしましょう!

そのコツとは、

息を吸う長さと息を吐く長さが、均等になるように意識を向けることです。

このコツをしっかりと押さえることで、上手く呼吸に意識を向けることができます。

このように吸う長さと吐く長さが均等になるように意識を向けていると、自然と呼吸が深まり、呼吸に意識を向けやすくなります。

実際私は、瞑想をするときこのコツを意識しながら瞑想しています。
そうすると、自然と呼吸に意識を向けることが出来るんですよね♪

最初は、何となく息を吸ったり吐いたりするのではなく、呼吸の長さをコントロールしてみましょう。

そのように呼吸することで、呼吸に意識を向けやすくなりますよ♪

③体の感覚に意識を向ける

呼吸に意識を向けることができたら、次は体の感覚に意識を向けます。
息を吸った時にお腹や胸が膨らむ感覚、肩が少し上がる感覚。

息を吐いたときに、お腹がへこんでいく感覚、肩が少し下がる感覚。
そんな体の感覚を観察してみましょう。

以上で、瞑想のやり方は終わりです。
1日5分でも十分効果はありますので、最初は1日5分からスタートしてみましょう!

私、実際に1週間瞑想してみました!

実際に私は、「スタンフォードの自分を変える教室」に書かれている瞑想のやり方を1日5分、1週間やってみました!(もちろん、今も続けています♪)

そこで、

  • 瞑想をやる前と瞑想をした後の私が一体どう変わったのか
  • 実際に瞑想は効果があるのか

を実体験に基づいて話していきたいと思います。

瞑想の効果とは?

では、私の実体験をお話しする前に、瞑想の効果を大まかに理解しておきましょう。
瞑想の効果は、

脳が瞑想に慣れるだけでなく、注意力、集中力、ストレス管理、衝動の抑制、自己認識といった自己コントロールのさまざまなスキルが向上します。

【ケリー・マクゴニガル「スタンフォードの自分を変える教室」大和書房 2012年10月31日 50頁】

瞑想をすることで、ストレス減少はもちろんのこと、欲求や欲望などの気が散るようなものを自分でコントロールできるようになるのです。

瞑想 やり方 本 実際 試してみた誰 簡単 出来る方法

では、実際にこのような瞑想の効果は見られたのでしょうか?
早速見ていきましょう!

1日5分の瞑想の結果とは?

瞑想をやる前の私は、

  • ダラダラしてしまう
  • やらなければならないことを後回し
  • けじめがつけられず、ダラダラと仕事をする
  • 集中力がない

などかなりの怠け癖が目につきました。
「ダラダラと怠けずに仕事をしたい!」と思い、瞑想を始めることを決意!

そして、瞑想を1週間やり始めたのです。

瞑想1日目

私の場合、早くも1日目から自分の中に変化が表れました。
瞑想をすることで、気持ちが落ち着き、心に余裕が表れました。

しかし、まだ1日目。
ダラダラする自分からは、変わっていません。

なかなか仕事に集中できず、無駄な時間ばかりが過ぎていきました。

瞑想3日目

さらに、3日続けていくと、このような変化がありました!
「仕事を効率的に進めていくにはどうすればいいか?」と考えるようになり、仕事の無駄が減っていったのです。

瞑想 やり方 本 実際 試してみた誰 簡単 出来る方法

まだダラダラしてやらなければならないことを後回しにしている時もありましたが、それでも仕事をしなければならないときは、気持ちを切り替えられるようになっていきました。

瞑想5日目

瞑想5日目は、ダラダラしたいとは思わなくなり、やらなければならないことを後回しすることはなくなりました。

また、心も安定していて、人に親切にできるようにもなっていました。
さらに、けじめをつけられなかった私が、けじめをつけられるようにまでなったのです!

そして、「何時から何時まではこれをする!」と決めて仕事を取り組めるようになり、結果仕事の効率が上がっていきました。

瞑想 やり方 本 実際 試してみた誰 簡単 出来る方法

瞑想7日目

瞑想を1週間やった頃には、もう以前の怠け癖のある自分とは大きく違っていました。
心に余裕ができ、やろうと思ったことは後回しにせず出来るようになったのです。

私が瞑想で得た効果

実際に1週間瞑想をやってみた結果、

  • 集中力
  • 意志力
  • けじめがつけられる
  • 心が安定する
  • 気持ちが落ち着く
  • ストレス減少

などの効果を実感しました。
瞑想をやる前とは、比べ物にならないくらいの集中力けじめをつけられるようになりました。

瞑想 やり方 本 実際 試してみた誰 簡単 出来る方法
1日5分を1週間試しただけでも、これだけの効果を得られました

勿論、たまにダラダラと怠ける自分が出てくることはあります。
まだまだ完璧ではありませんが、それでも瞑想をやる前に比べると格段に変わりました。

今は「ハッ!」と気が付いて気持ちを切り替えるのが少し上手になった気がします。

瞑想の効果は人それぞれ個人差があると思いますが、毎日5分だけでも長期間続けていくことで様々な効果が得られることがこの1週間で実感できました!

ぜひ、1日5分だけでOKなので、試してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?
瞑想は難しいように考えられがちですが、誰でも簡単にできます♪

さらに、1日5分だけでも長期間続けていくことで、十分効果は得られます。
ストレス解消&集中力アップをしたいと思う方は、ぜひ今日から試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です