友達付き合いでストレス!上手に付き合っていく方法はある?

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

友達付き合い ストレス 上手 付き合っていく方法 ある友達付き合いストレス…。
友達の上から目線の発言にイライラしたり、友達に愚痴を聞かされたり。

ストレスが溜まるなら、友達をやめたらいいのは分かっているけれど…。
「できれば、これからも友達として付き合っていきたい!」と思う人もいると思います。

友達との付き合い方に変化を与えることで、楽に友達と付き合っていけるようになります。

ということで、この記事では、友達付き合いでストレスが溜まる人に、ストレスを感じないで上手に友達と付き合っていく方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

友達付き合いでストレス!上手に付き合っていく方法はある?

友達付き合いにストレスを感じないで、上手に付き合っていく方法は、2つあります。

それは、

  1. 友達と楽に付き合っていける距離感を見つける
  2. 自分の考え方を変えてみる

の2つです。
では、この2つの方法を具体的にどうやればいいのかを掘り下げていきましょう。

1.楽に付き合っていける距離感を見つける!

友達付き合い ストレス 上手 付き合っていく方法 ある人と人には、適切な距離感というものが存在します。
いくら仲がいい友達だからと言って、近づきすぎればうっとうしく感じ、遠すぎれば「嫌われているんじゃないか」と不安になるものです。

実は、上手に友達と付き合っていくためには、友達とあなたとの適切な距離感を見つけることがとても大事なんですよ!

この記事を読んでくれているあなたはまさに今、友達の上から目線の発言にイラッとしたり、友達の愚痴を聞いてうんざりして、友達付き合いにストレスを感じていると思います。

そんなあなたは、もしかしたら友達との距離が近いのかもしれませんね…。
友達との距離が近すぎることで、友達の上から目線の発言が気になったり、友達も愚痴をあなたに言い過ぎているのかもしれません。

そんな方は、友達との距離を離してみることが良いでしょう。

①会う回数を減らす!

会う回数を減らせるなら、会う回数を減らしてみましょう。
会う回数を減らすことで、友達と少し距離を置くことができます。

また、ストレスを感じる時間も減らすことができます。
ストレスを感じる時間が減れば、また自然と会いたいなと思うようになることもありますよ♪

②1日に会う時間を短くする!

会う回数が減らせない方も、中にはいるでしょう。
そんな方は、1日に会う時間を短くすることをおススメします。

会う時間を3時間だけ、2時間だけと短くすることで、自然と軽い付き合いになり近づきすぎた距離を離すことができます。

また、短時間だけなら案外ストレスを感じずに、楽しい話だけで終わるということもあります。
試してみる価値は十分にありますよ!

③遊ぶ人数を変えよう!

1対1で遊ぶと、どうしても距離が近くなってしまいます。
他に誘える友達がいるなら、遊ぶ人数を3人や4人に変えてみましょう。

このように、遊ぶ人数を変えることで、友達との距離を離すことができます。
また、1対1で遊ぶ時と、3人以上で遊ぶときは、あなたにストレスを与えている友達も態度が変わるかもしれませんね。

2.自分の考え方を変えてみる

友達付き合い ストレス 上手 付き合っていく方法 ある
友達に変わってほしいと思っていても、簡単に変えられるものではありません。
他人を変えるのは、自分を変えるよりもはるかに難しいことだからです。

自分の考え方を変えたほうが、手っ取り早く状況が変わっていきます。
今の状況に苦しんでいるなら、自分の考え方を変えてみましょう。

①我慢しない!気を使わない!

「友達と付き合っていてストレスが溜まる…」という人は、友達と接しているときに、我慢をしたりとても気を使ったりしているのだと思います。

友達の愚痴を我慢して聞いたり、上から目線の発言に怒らずに受け止めたり…友達と上手く付き合っていくために、あなたなりに頑張って友達との関係を考えてこられたのでしょう。

出来れば、この記事を読んだ今日からは、友達と接するときは我慢しないでほしいと思います。
我慢や気を使う行為は、とても疲れるものです。

もちろんストレスも溜まります。
イライラした気持ちを「イライラしちゃだめ!」と思って、抑え込まずに「イライラしてもいいんだ!」と自分の気持ちを受け入れてあげましょうね。

又、時には友達に自分の正直な気持ちを伝えてみてもいいでしょう。
ただし、友達とあなたとの関係性で「この気持ちを言ってもいいのか」としっかり判断した上で、伝えてくださいね!

②「この人は、こういう所もあるんだな」と割り切る!

これは、私が昔よくやった方法です。
仲がいい友達でも、関係が深くなればどうしても友達の悪い所が目についてくるものです。

「あの行為がムカつく!上から目線の発言がイラッとする!」など。
深い関係になったからこそ、友達の悪い部分が目につくのでしょう。

深い関係になると、お互い気を使わないで発言したり、接し方が雑になりがちです。
そんな時は、「この人は、こういう所もあるんだな」と割り切りましょう

そうすると、自然と上から目線の発言が気にならなくなったり、相手の欠点が受け入れられるようになります。

実際私は、この方法で友達の悪い部分も受け入れることができるようになりました。
友達の悪い部分を受け入れられないときは、散々悩み、愚痴り…大変でしたが…(笑)

勘違いしないでほしいのは、決して相手の欠点を受け入れなきゃいけないということではありません。

しかし、今の深い関係を壊したくないなら、友達の悪い所に目をつぶることも友達とずっと長く付き合っていくためには、多少は必要かなと思います。

まとめ

いかがでしたか?
友達付き合いは、意外とストレスが溜まるものです。
時には、仲がいい友達でもイラッとすることもあるでしょう。

今回の方法を試してみて、友達との距離感を見直してみたり、自分の考え方を変えたりして、楽に友達と付き合っていける方法を自分なりに見つけてみましょうね!

また、これ以上友達の愚痴や行動に付き合ってられない!という人は、さりげなく友達をやめる方法をチェックしてみて♪
友達を傷つけないで、さりげなく友達をやめる方法を紹介してます!!

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です