英会話教室って効果ある?通うメリットと注意点【体験談】

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

英会話教室って効果ある 通うメリット 注意点 体験談
英会話教室に通っても、英語を話せるようにはならない!という口コミは、よく耳にします。
しかし、本当に英会話教室に通っても、効果はないのでしょうか?

英会話教室に通ったことがない人は、どうして英会話教室に通っても、英語が話せるようにならないのか分からないと思います。

そこで、今回の記事では、本当に英会話教室に通っても、効果がないのかどうかを、私の経験から検証していきたいと思います♪

私の実体験から学んだ、英会話教室に通うメリットと注意点もあわせて、紹介していきますね♪

スポンサーリンク

英会話教室に通うときの注意点

私が英会話教室に通って、もう10ヶ月がたちます。
10ヶ月通って感じた、英会話教室の注意点を先に話していこうと思います!

英会話教室に通ってから、「こんなんだとは思わなかった!」と後悔しないように、注意点をしっかりと頭に入れておきましょう!

①自宅勉強は、必要!

英会話教室に通う前は、「英会話教室に通っていれば、英語って話せるようになるんでしょ?」と勘違いをしてしまうことがあります。

しかし、英会話教室にただ通っているだけでは、英語は話せるようにはなりません
英会話教室では、

  • 問題を解く
  • 外国人と会話をする

など、基本的に英語を使う練習をすることが多いんです。

なので、

  • 単語を覚える
  • 文法の使い方を覚える

という作業は、自分でしなければなりません
英会話教室の先生が、「単語を覚えましょう!」という授業をしてくれるわけではないんです。

基本的に「覚える作業」というのは、ひとりの時間のときに、勉強しなければいけません。
そして、そもそも文法の使い方や単語を覚えなければ、会話をすることができないんです。

なぜなら、自分の知っている文法や単語しか、話すことができないからです。
自分が知らない文法や単語が、勝手に口から出てくるなんてことは、あり得ませんよね。

なので、英語を話せるようになりたいと思っている人は、自宅勉強は必ず必要

英会話教室って効果ある 通うメリット 注意点 体験談
でないと、英会話教室に通っていても、いつまで経っても英語を話せるようにならないという事態に陥ってしまいます。

英会話教室に通っていれば、単語を覚えたり、難しい文法を覚えたりしなくてもいいと勘違いしてしまいます。

ネイティブの先生の英語を聞いていれば、自然と話せるようになると思ってしまいますが、そんなことはあり得ません

英語を話せるようになるためには、地道に文法や単語を覚える作業は、英会話教室に通っていても、必ず必要になってくるんです!

②英会話教室に通うことが、目的にならないようにする!

英会話教室に通うとき、「英語を話せるようになりたいから」という漠然とした目的で英会話教室に通ってしまいます。

しかし、英会話教室に通う前は、しっかりと英語を勉強する目的を決めておくことが、とても大事になります。

なぜなら、英会話教室に6カ月、7カ月通っていると、徐々に英会話教室に通うことだけが目的になり、挫折や失敗につながってしまうからです。

英会話教室に通うことだけが目的になるとは、

  • 英会話教室に通うだけで満足してしまう
  • 授業をこなすだけに必死になる
  • 英会話教室の仲間に会うために通っている

などです。

とりあえず英会話教室に通っているという状態になります。
そうなれば、英語力が伸びないまま、お金だけがドンドンと出ていくことになります。

もし英語を勉強する目的、例えば、

  • 来年留学をする
  • 仕事で使う
  • 海外の友達を作る

など、しっかり目的を決めていれば、挫折や失敗をすることはありません。

英会話教室って効果ある 通うメリット 注意点 体験談

少し個人的な話になりますが、私は、英会話教室に通って8ヶ月目あたりで、英会話教室に通うことだけが目的になっていました。

英会話教室に通っているだけで満足し、毎日の勉強を怠るようになりました。
毎日の勉強を怠ったことで、英語力の伸びを実感できなくなり、「英語ってつまらない」と思うようになっていきました。

「英語ってつまらないな」と思うようになると、やる気もだんだんなくなっていきました。
挙句の果てに、自分は「どうして英語を勉強しているんだろう?」と次は、英会話教室に通っていること自体に疑問を感じたんです。

しかし、その時、「いったい自分はどうして英語を学ぼうと思ったのだろう?」と英語を勉強する目的を思い出すことにしました。

その結果、英語を勉強する目的を思い出すことがきっかけとなって、英会話教室に通うことだけが目的になる状況から脱却できました。

もし、英語を勉強する目的を思い出さなかったら「もう英会話教室に通っていても、意味ないし辞めよう」と考え、挫折や失敗につながっていたと思います。

私が、英語を勉強する目的を思い出すことができたのは、英会話教室に通う前に、しっかりと英語を勉強する目的を決めておいたからです。

英語を勉強する目的を最初に決めておくことは、挫折や失敗をしそうになった時、ブレーキの役割をしてくれます。

本来の目的を忘れて、挫折や失敗につながらないように、最初に、英語を勉強する目的を決めておきましょうね!

英会話教室に通うメリット

英会話教室に通う注意点を紹介してきましたが、英会話教室に通うメリットもあります。

英会話教室に通うメリットは、いろいろありますが、ここでは英会話教室に通って、特に得るものが大きいメリットを2つ紹介していきます。

①英語独特の感覚が、学べる!

最近では、英会話教室に通っても、「ムダ!お金を捨てにくようなものだ!独学で勉強したほうがいい!」という声をよく聞きます。

しかし、英会話教室に通えば、独学では理解しづらい英語独特の感覚が学べるんです!
ここで言う英語独特の感覚とは、日本語にはない物事の捉え方のこと。

例えば、英語の名詞には、

  • 数えられる名詞
  • 数えられない名詞

が2つあったのを覚えていますか?

数えられる名詞には、

  • book(本)
  • desk(机)
  • cat(猫)
  • pen(ペン)

などがありましたよね。
また、数えられない名詞には、

  • water(水)
  • bread(パン)
  • money(お金)
  • cheese(チーズ)

などがあります。

学生の頃、このように学んだとき、「あれ、なんでmoney(お金)は、数えられないの?」と疑問に思いませんでしたか?

「お金って1枚2枚……って、数えられるじゃん!」って、思った方は多いと思います。
私も、初めてこのことを知ったときは、思いました^^;笑

英会話教室って効果ある 通うメリット 注意点 体験談

ですが、これは、日本語の感覚。
日本人の大体の方は、「お金」と聞くと、紙幣小銭をイメージすると思います。

しかし、英語では、「money(お金)」と聞いて、イメージするのは紙幣ではないんです!
英語では、「money(お金)」と聞くと、量や価値のイメージなんです。

そして、英語では、決まった形がないものは、「数えられない」と捉えます。
だから、moneyは、数えられない名詞なんです。

と、このように、「お金」という単語一つでも、日本語の持っている感覚英語の持っている感覚が違うことが分かりますよね。

名詞だけでなく、

  • 冠詞(a,the)
  • 前置詞(in,at,on)

など、日本語にはない感覚が、英語にはたくさんあります。

このような英語独特の感覚を、ネイティブの先生に直接聞けることで、英語の感覚を正しく理解することができるんです。

私は、基本的に、独学で勉強をすることが好きです。
ですが、独学だと、どうしても自分で勝手に「ここはたぶんこういう感覚だな」とか「ここはきっとこういう意味だろう」というふうに、間違って解釈してしまうことが多いんです。

間違って解釈してしまうことが多い!と自分で分かっているからこそ、英会話教室でネイティブの先生や英語のプロである日本人の先生に教えてもらえることは、かなり心強いんです。

なので、

  • 独学で勉強することが苦手な人
  • 間違って解釈して勉強してしまう人
  • 独学だけではなかなか英語が理解できない!と感じている人

には、ネイティブの先生に直接、英語独特の感覚が聞けるということは、とても大きなメリットだと思います。

②英語を話す機会を作れる!

日本に住んでいると、なかなか英語を話す機会ってないですよね。
留学はできないし、旅行も頻繁に行けない。

なかなか英語を話す機会を作ることができないけど、「英語を話せるようになりたい!」と思う人は、多いと思います。

しかし、英会話教室では、日本に住んでいながら、英語を話す機会が作れるんです!
では、なぜ英語を話す機会を作ることが大事なのでしょうか?

それは、文法や単語を覚えたとしても、実際に会話をするときになると、覚えた文法や単語がまったく口から出てこないからです。

文法や単語をたくさん覚えるだけでは、「どんな状況の時に、どんな文法や単語を使えばいいか」が分からないんです。

英会話教室って効果ある 通うメリット 注意点 体験談

知識としては、知っているけれど、実際にどんな時に使うのかが分からない。
そして、それは実際に外国人と会話をすることで、学んでいくものだと思います。

英語を話す機会を作ることは、「どんな状況の時に、どんな文法や単語を使うか」を頭と体を使って覚える作業です。

もちろん、「道に迷っている外国人に積極的に話しかける」ことができる人なら、英会話教室に通わなくても、英語を話す機会を自分で作ることができます。

しかし、そうできる人ばかりでないのも事実。
英会話教室は、外国人と英語で話す機会を簡単に作れる場所なんですよ!

英会話教室の効果は?

最後に、英会話教室に約10ヶ月通った効果について話しておこうと思います。
私が英会話教室に行くのは、1週間に1回

その1回で約2時間、

  • 文法の勉強
  • 英語を話す練習

をします。

では、10ヶ月毎週2時間、英語を勉強した私の英語力は、どれくらい伸びたのでしょうか

結論から先に言えば、英会話教室に通う前よりは英語力は伸びましたが、ペラペラと英語を話せるようにはなっていません!

私の今の英語力は、

  • ネイティブの普通の会話スピードで話されたら、全然聞き取れない
  • ゆっくりなら、聞き取れる英語は、多くなる
  • 自己紹介(名前、出身、家族、職業、趣味など)は、伝えられる
  • 自分の言いたいことを、自由に言えるようにはなっていない
  • 「私は昨日どこどこに行きました、今日は何々をします、来週はどこどこに行きます。」くらいなら話せる

のように、まだまだ英語をペラペラと話せるまでには、至っていません。

まだまだ英語をペラペラと話せるようにはなっていませんが、ちょっとずつであれ、確実に英語力は、伸びています

でも、10ヶ月も英語の勉強をしてきて、正直「まだこれくらいしか英語力は伸びていないのか」と、英語力の伸びの遅さを感じるんです。

人によっては、この英語力の伸びの遅さが、「英会話教室に通っても、英語を話せるようになるわけではない!」といった口コミになるのだと思います。

では、10ヶ月通っているのに、なぜこんなにも英語力の伸びが遅いのか。
今回、これを機に少し、理由を考えてみました!

なぜ、英会話教室に通っていて、英語力の伸びが遅いの?

理由は、3つあると思います。

  1. インプットできる量が少ない
  2. 積極的に英語を学んでいない
  3. 日本語で話してしまう

一つずつ、説明していきましょう!

1.インプットできる量が少ない

英会話教室では、インプットできる量が少ないんです。
なぜなら、英会話教室では、限られた時間の中で、先生の説明他の人の質問を聞いたりしなければならないからです。

多少は、英会話教室によって、内容や授業の進め方が変わるとは思いますが、私の通っている英会話教室を例に説明していきたいと思います、

私が通っている英会話教室では、1回の授業時間は、50分。

今回は、インプットの話なので、文法の授業だけに話を絞りますが、その50分をまるまるインプットに使えるわけじゃないんです。

  • 文法の説明
  • 他の人の質問
  • 問題を解く時間
  • 答え合わせをする時間

などで、ほとんど授業が終わってしまいます。

また、授業では「今日はcanだけを勉強」といったように、1回の授業に1つの文法しか勉強できません。

1週間に1回しか英会話教室に通わなければ、1週間に1つの文法だけしかインプットできていないことになります。

たくさんの文法がある中で、1週間に1つの文法だけでは、10ヶ月経ってもなかなか話せるようにならないのは、よくよく考えれば当たり前のことですよね。

英会話教室だけに頼っていては、10ヶ月通っていても、そもそもインプットできる量が少ないので、なかなか英語力が伸びないということになるんです。

2.積極的に英語を学んでいない

英会話教室に通っているにも関わらず、英語力がなかなか伸びない理由は、積極的に英語を学んでいないことも大きな理由の一つです。

なぜなら、自分から積極的に英語を学ぼうとしなければ、教えてもらっても、なかなか英語が記憶に定着しないからです。

英会話教室では、

  • 文法の授業:文法の使い方&単語
  • 会話の授業:新しいフレーズや正しい英語の言い方

などを教えてくれます。
ですが、ただ教えてもらうだけでは、なかなか英語は記憶に定着しません。

それよりも、自分で「これってどういうんだろう?」と調べたり、「これって、どういう時に使うの?」と自分が知りたいことを知ろうと、積極的に行動したときのほうが、記憶に定着しやすく、忘れにくいんです。

英会話教室って効果ある 通うメリット 注意点 体験談
自分から英語を知ろう!と積極的に行動しなければ、文法や単語を覚えるだけでも、膨大な時間を費やしてしまいます。

教えてもらうことだけに頼ってしまう姿勢が、英語力の伸びを遅くしているんです。

3.日本語で話してしまう

英会話教室の中には、外国人であっても日本語を話せる先生が少なからずいると思います。
せっかく英語をアウトプットできる場所なのにも関わらず、先生が日本語を話せることに甘えてしまって、日本語で話してしまうんです。

もちろん、ある程度は仕方ないとは思います。
英語でなんて言ったらいいか分からないときは、日本語で話さないと話が前に進まないというときもありますから。

しかし、英語を話す授業でも、授業以外でも、英語でなんて言ったらいいか分からないと、すぐ日本語で話してしてしまうんです。

これは、私だけではなく、ほとんどの生徒さんがそうです。
なので、日本語を話せる外国人の先生がいることは、安心する面もありますが、甘えにつながってしまう面もあります。

英会話教室って効果ある 通うメリット 注意点 体験談

そして、その甘えが、なかなか英語力が伸びない原因の一つになっているのです。

以上、この3つが、英会話教室に通っていても、英語力の伸びが遅い理由だと思います。
この3つに共通することは、英会話教室に頼りきっている姿勢です。

英会話教室に通っても、「英語が話せるようにならない!効果がない!」と言われるのは、英会話教室だけに頼りきっているからです。

「英会話教室に行ってもムダだった」という失敗をしなくてもすむよう、英会話教室に通ったとしても、積極的に英語を学ぶ姿勢は心掛けたいものですね!

まとめ

いかがでしたか?
英会話教室に通って、効果があるものにするのは、自分次第なところもあります。
ですが、英会話教室には、独学では得られないものを、得ることができる場でもあります。

英会話教室だけに頼らず、英会話教室を英語勉強の一部として、うまく利用することで、自分の英語力の伸びを加速させることができるのだと思います。

この記事が、英会話教室に通おうか迷っている人の指標になれば、嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です