内向的な人は仕事ができる!?内向型の能力を最大限に活かす方法とは

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

内向的 人 仕事 できる 内向型 能力 最大限 活かす方法
内向的な人は、自分は仕事ができないと思っていませんか?
内向的な性格のせいで、「人よりも仕事ができない!」と悩んでいると思います。

しかし、それは、内向的な人が自分の能力を、うまく活かしていないだけかもしれません。
内向的な人が、自分の能力をうまく活かすことができれば、仕事ができる人になることも可能なんです♪

では、内向的な人が、自分の能力をうまく活かすことができる方法とは?

ということで、この記事では、内向的な人は仕事ができる!?内向型の能力を最大限に活かす方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

実は、内向的な人は仕事ができる!

一般的に、外向的な人は仕事ができて、内向的な人は仕事ができないと思われがちですよね。
今まさに、この記事を読んでいる内向型の読者のかたは、自分は仕事ができないと自信を失っている状況だと思います。

しかし、そんな一般的なイメージとは違って、実は、内向的な人は仕事ができる人が多いんです♪

前回の記事「内向的な性格は直さなくていい?外向的な人にはない素晴らしい能力」の中でも、ご紹介しましたが、内向的な性格だったからこそ、偉業を成し遂げた人が、世界中にいるんです♪

内向的な性格だったからこそ、偉業を成し遂げた有名人をあげると、

  • ハリーポッターの著者 J・K・ローリング
  • Googleの創業者 ラリー・ペイジ
  • 発明家 トーマス・エジソン
  • バスケットボール選手 マイケル・ジョーダン
  • マイクロソフト社の創業者で、世界トップの資産家とも言われる ビル・ゲイツ

など、ここでは、全ての人を紹介できないくらい、数多くの内向型の人が、多大なる偉業を成し遂げています。

内向性ゆえに、成功したスティーブ・ウォズニアック

スティーブ・ジョブズとともにアップルを創業したスティーブ・ウォズニアックも、内向的な性格だったからこそ、成功した人物のひとり。

内向的 人 仕事 できる 内向型 能力 最大限 活かす方法【出典元:jo-ho.biz】

日本では、スティーブ・ジョブズのほうが有名です。
ですが、スティーブ・ウォズニアックは、パソコンの世界では、伝説的なエンジニアで有名なんですよ!

そんなスティーブ・ウォズニアックは、幼いころから内気で、生真面目な性格。
10代の頃は、孤独な日々を送ってしました。

無駄話がきらいで、子供時代からエレクトロニクスに興味をもち、自宅に置けるような小型で使いやすいコンピューターを作ることを、夢みていました。

ちなみに、昔のパソコンは、今みたいに自宅で置けるような小型なものではありません。
大きな会社のかぎられた人が使う特別で、とても高価なものでした。

スティーブ・ウォズニアックは、現在使われているような形のパソコンを作ろうと、ひとりでパソコンの設計に取りかかりました。

毎朝6時半に自分のオフィスへ行き、夜遅くまで、パソコンの設計に取りかかり、試行錯誤を重ねました。

そして、パソコンの設計に取りかかった10か月後に、スティーブ・ジョブズと一緒に『アップル・コンピューター』を設立。

内向的 人 仕事 できる 内向型 能力 最大限 活かす方法

【出典元:www.apple.com】

スティーブ・ウォズニアックは、ほぼ独力で、アップルⅠ、アップルⅡを開発したんです。
では、スティーブ・ウォズニアックは、なぜ人並みはずれた偉業を成し遂げられたのでしょうか?

この疑問に対する答えは、記事の後半で紹介したいと思います。

内向的な人の能力を最大限に活かす方法

多くの内向型は、自分のすばらしい能力に気付いていません。
そして、そのすばらしい能力を、うまく活かすこともできていません

しかし、自分の能力をうまく活かすことで、今よりももっと

  • 仕事の成果をあげる
  • 充実した日々を送る

ことができるんです!
では、早速紹介していきましょう!

「ひとり」で作業しよう!

多くの内向的な人は、たくさんの人と時間を過ごすよりも、ひとりで時間を過ごすことが多いと思います。

また、内向的な人の中には、勉強や仕事、趣味にいたるまで、なんでも「ひとりでやる」という人もいるでしょう。

実は、その「ひとりでやること」が、人並みはずれた実力を持つことを可能にするんです♪
では、なぜひとりでやることが、人並みはずれた実力を持つことを可能にするのでしょうか?

それは、ひとりでやることで、

  • 驚異的な集中力を発揮!
  • 自分にとって「やりがいのあること」に、向き合える!

からです。

そして、驚異的な集中力は、

  • 高い知識を身につける
  • パフォーマンスを向上させる
  • 物事の進んでいる状況をみて、軌道修正できる

といったレベルの高い練習や学習ができます。

このようなレベルの高い練習や学習を行うことで、人並みはずれた

  • 実力
  • 成果

をだすことができるんです。

内向的な人は、特に人がそばにいるだけで、気が散って集中できなくなります。
なので、実力を伸ばすためには、「ひとりでやること」が、とても重要なんです♪

「ひとりでやる」ことの重要性とは?

「ひとりでやる」ことの重要性がわかる、ある実験を紹介しましょう!
その実験は、ベルリン音楽アカデミーの「バイオリン専攻」の学生を、対象にした実験です。

「バイオリン専攻」の学生を

  1. 将来、世界的なソリストになれるほどの実力を持つ学生たち
  2. 「すぐれている」という評価にとどまる学生たち
  3. 演奏者にはなれず、バイオリン教師をめざす学生たち

という3つのグループに分けました。

内向的 人 仕事 できる 内向型 能力 最大限 活かす方法
そして、全ての学生たちに、「時間の使い方」について質問をしました。

ひとりで練習する人のほうが、実力があった!?

実験の結果、個人練習にもっとも時間を多くあてている学生ほど、実力があったんです。
具体的に結果を言うと、3つのグループとも、音楽関連の活動にかける時間は、週50時間以上と同じでした。

ですが、1と2のグループは、練習の大半を個人練習にあてていたんです!!
その具体的な数字は、

【1と2のグループの個人練習の時間】

  • 1週間:24.3時間
  • 一日当たり:3.5時間

【3のグループの個人練習の時間】

  • 1週間:9.3時間
  • 1日当たり1.3時間

そして、1のグループの学生たちは、個人練習がもっとも重要だと考えていました。

練習自体は、まったく同じ時間行っているにも関わらず、個人練習にかける時間が違うだけで、実力に差がでることが分かります。

この結果からみるように、「ひとりでやること」は、レベルの高い練習ができ、人並みはずれた実力を持つことができるようになるのです。

内向的 人 仕事 できる 内向型 能力 最大限 活かす方法

これは、音楽に限らず、他の分野でも、ひとりで練習や学習することで、同じような結果をもたらすと言われています。

たとえば、勉強の場合ですと、グループで勉強する人よりも、ひとりで勉強する人のほうが、多くの知識を身につけると言われているんです!

なぜ、人並みはずれた偉業を、成し遂げられたの?

さて、ここで先ほどスティーブ・ウォズニアックの話を紹介した後に、感じた疑問がありましたよね。

なぜ人並みはずれた偉業を、成し遂げられたのか?

今話してきたことを踏まえると、この疑問に対する答えが分かってくると思います。

スティーブ・ウォズニアックが、このような偉業を成し遂げられたのは、「つねにひとりで作業をしていた」からです。

グループで作業をせず、つねにひとりで作業をしていたから、レベルの高い作業をすることができ、夢を実現させることができたんです。

スティーブ・ウォズニアックは、自伝でこんなことを言っています。

ひとりで働け。独力で作業してこそ、革新的な品物を生みだすことができる。

【スーザン・ケイン「内向型人間のすごい力」株式会社講談社 2015年12月116頁】

スティーブ・ウォズニアックは、「ひとりで作業をする」ことの重要性が分かっていたのでしょうね。

多くの時間を「ひとり」で過ごす内向的な人にとって、「ひとりで作業をする」ことを苦痛には、感じないのではないでしょうか?

たくさんの人と関わることが好きな外向的な人にとっては、「ひとりで作業する」ことを難しいと感じる人だっているのです。

「ひとりでいること」を苦だと感じない内向的な人にとっては、そのことを活用しない手はありません!!

  • 実力をつけたいこと
  • 叶えたい夢
  • 成果をだしたい仕事

があるなら、ぜひ積極的に「ひとりで」やってみましょう

内向的 人 仕事 できる 内向型 能力 最大限 活かす方法

内向的な人は、仕事で外向的な人のように積極的に動けないことに自信をなくしたり、つねにひとりでいる自分を、おかしいと思うことがあるかもしれません。

社交的になれない自分を変えようと、頑張って社交的になろうと努力をしていると思います。
努力をすることは、良いことです。

ですが、少し自分の内向性に目を向けてみると、すばらしい能力があることに、気づきます。

つねにひとりでいる自分をおかしいと思わず、その時間を自分の実力をつけるための時間として活用してみましょう!

そうすることで、外向的な人とは、また違ったやり方で、活躍できますよ♪

まとめ

いかがでしたか?

自分の能力を活かす方法を知っているだけで、自分の「自信」になり、今までよりもっと充実した日々を送ることができるようになります。

いつも「ひとり」でいることに否定的だった人も、今回の記事を読んで少しは、「ひとり」でいることを肯定的に思えるようになったのではないでしょうか?

ぜひ、今回の記事を読んだら、実際に実践してみてくださいね♪

スポンサーリンク

この記事が役に立った!と思ったらシェアしていただけると嬉しいです(*^-^*)

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です